• 関東プロジェクト
  • 日の出医療福祉グループ
  • 日の出医療福祉グループ
  • 日の出医療福祉グループ
  • 日の出医療福祉グループ

日の出医療福祉グループについて

日の出医療福祉グループは兵庫県加古川市に本部を置き、医療・介護・福祉・保育を通じて地域社会への貢献を推進する3法人「社会福祉法人 日の出福祉会」「医療法人社団 奉志会」「社会福祉法人 博愛福祉会」の協業体制を推進していくために創立されました。日の出医療福祉グループは、健全なる経営と継続誠実な行動で人と地域とのつながりを大切にし、信頼されるグループとして成長し続けます。地域に根を張り、自分も社会も幸せにする仕事をたくさんの仲間とともに始めてみませんか? 詳しくはこちら

ビル

エリア・フリーワードから求人を探す

北海道・東北 関東 甲信越・北陸 東海 関西 中国・四国 九州・沖縄

医療・美容の求人を探す

保育の求人を探す

雇用形態から求人を探す

スタッフインタビュー

  • M・Tさん

    グループ本部 統括本部 管理本部 本部長 M・Tさん

    理念を共有しつつ、それぞれが考えて行動できるグループ

    仕事に対する意識を高く持って働く社員が多いグループです

    当グループは3つの法人が集まってできたグループです。それぞれの法人の風土があるなか協業体制をとったのは、将来の組織運営の可能性を広げ、安定した職場であり組織であり続けることを目指したからです。
    各施設の管理者は経営意識をもって施設運営に取り組んでおり、それが結果的に収支等にもつながっています。HINODE PRIDEというグループ理念の意味や解釈をそれぞれが考え、行動することでグループ全体が活性化しています。

    個々の頑張りに答えられるグループでありたい

    一人の利用者様のご希望を叶えられたときや、一生懸命取り組んでなにかが実現できた時に得られる達成感が新しい取り組みへのモチベーションになります。 ささやかなものから事業立ち上げといった大規模なものまで、社員の「やりたいこと」を叶えられる組織であることが社員のモチベーションの維持に不可欠です。 これからもそういう社風であり続けるためにも、組織全体で「挑戦」し続けると思います。

  • Y・Kさん

    明石・神戸エリア エリア長 Y・Kさん

    難しいに立ち向かう人が成長できるグループです

    なりたい仕事との出会いと成長の可能性を感じ、日の出へ

    専門学校を卒業後、3年間他法人の介護老人保健施設に勤め、そこで介護の仕事をしながらも「相談員」になることを希望していました。 ちょうどそのとき日の出医療福祉グループの新規施設の相談員募集求人を見つけて「これだ!」と思い転職しました。
    実質第2新卒のようなものでしたが、それから14年経った現在では明石・神戸エリアのエリア責任者を務めています。 入社以来、同じエリアで施設の開設・分岐・統合などの場面に立ち合い、経験したことが今の業務にも生きていると思います。初心を忘れず、「なんでもやってやるぞ!」って感じですね。

    新しいこと、難しいことに取り組むことは大変だけど面白い

    当グループの魅力の一つは、規模が大きいことですね。一施設に勤務しているだけでは事業の新規立ち上げや、様々な介護サービスの運用、社員のマネジメントは経験できなかったと思います。 入社してからこれまでいろいろなことに手探りで取り組んでいますが、自分もまだまだ成長途中だと思います。 エリア内で提供している介護サービスも増えましたし、自分が成長することが会社やエリアのためになると思ってこれからも働きたいですね。

  • K・Iさん

    大西メディカルクリニック 通所デイケア センター長 K・Iさん

    新しい取り組みや提案を実現しやすい環境です

    セラピストとしてのキャリアアップを目指して志望

    学校を卒業後、新卒の時点では医療とは全く違う業種に就職したのですが、20代前半で理学療法士の学校に通い、資格を取得しました。それから介護老人保健施設に10年ほど勤務し、そこで得た経験を活かしながら理学療法士として新しい取り組みにチャレンジしたいと思ったときに出会ったのが日の出医療福祉グループです。
    介護士や看護師、セラピストが地域に出ていくこと、すなわち在宅ケアの拡充を主題にしていておもしろそうだと思ったのが入社のきっかけです。セラピストに管理者というキャリアステップがあるというのも魅力でした。

    スタッフそれぞれの意見を施設に活かしたい

    お客様のためにやってみたい取り組みや新しい提案を受け入れる土壌があり、そこが他と最も違うところだと思います。 私が所属している通所デイケアのスタッフには介護福祉士や理学療法士が所属していますが、それぞれに自分の職種ならではの目線をもって意見を出してほしいと思っています。 そうすることで施設内、グループ内によりよい風を吹かせたいですね。